よくあるご質問(FAQ)

HOME > よくあるご質問(FAQ) > サーボの誤動作が頻繁に起こる場合

SUB MENU

販売店一覧 カタログ・説明書 よくある質問 修理について

サーボの誤動作が頻繁に起こる場合

 FLASH/A-07V/A-07R/EXSTRAIGHT/A-01シリーズをご使用の場合、モータ・ステアリングサーボにかかる負荷の程度によっては、サーボの作動電流がESCのBEC電源容量(1.0A)を超え、ステアリングが誤動作を起こす可能性がございます。サーボの誤動作が頻繁な場合は、BEC電源容量不足の可能性がございますが、ESCのサーボ電源供給用の線(黄線)を用いることにより不具合を解消できます。配線図は下図となります。

  誤動作はサーボの作動電流がESCのBEC電源容量を超えた時に起こり、発生の有無、及び頻度はお使いのサーボやモータ、及びギヤ比の設定状態等によります。
  8セルバッテリ使用時に下記配線を行うとサーボが破損する恐れがありますので、8セル使用時は受信機用電源を用いてください。
図
【注意点】
  抵抗素子には極性はございませんので、配線の方向にご留意いただく必要はございません。
  抵抗素子のハンダ付け個所付近は、収縮チューブなどで絶縁処理を必ず施してください。
  長時間走行すると抵抗は多少発熱しますが、異常ではございません。
  抵抗はサーボ保護の為のものですので、必ず取り付けてください。
  RAPIDA/ZEROシリーズでは、3A出力仕様の為、配線変更の必要はございません。
抵抗素子が入手困難な場合は、お名前・ご住所・ご連絡先・「抵抗素子希望の旨」を、FAXまたはお問い合わせにて下記までご連絡ください。 尚、EXSTRAIGHTシリーズには抵抗素子を同梱しております(取説に配線図の掲載有り)。
FLASHシリーズは、抵抗素子を標準装備しております。
株式会社アキュヴァンス HO事業チーム サービス課宛
FAX:06-6379-1190 / お問い合わせ
▲ ページTOPへ戻る